スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「オーシャンズ11」

 2014-07-01
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ :観劇日記 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フランス招聘版『ロミオ&ジュリエット』

 2012-10-23
せっかく東京行くのにラストダンスイベントだけじゃもったいない!
ってことで行ってきました。
シアターオーブに。
フランス招聘版のロミジュリ観に。

誰か顔はめる勇気ある人いるのかな?
な顔ハメ(笑)


オーブは11階にあってロビーからの眺めがよさそうでしたけど
あいにくの雨でどんより・・・

中はモダンでキレイなんだけど、階段だらけな印象で迷う!
なんであんなフクザツな作りにしたのかしら?

客席は前後の間隔が広くて観るのは楽でした。
が、その分舞台が遠い!
2階で観たんですけど高さもかなりあって余計に遠く感じました。
3階がどんな感じかも見てくればよかったな~

ロミジュリ観る分には
セットが3階建でかなり高さがあったし
上の方もよく使ってたから逆によかった気もしないでもないんですけど。

フランス招聘版『ロミオ&ジュリエット』 東急シアターオーブ 2012/10/06~10/21

ロミオ:シリル・ニコライ(Cyril Niccolaï)
ジュリエット:ジョイ・エステール(Joy Esther)
ベンヴォーリオ:ステファヌ・ネヴィル(Stéphane Neville)
マーキューシオ:ジョン・エイゼン(John Eyzen)
ティボルト:トム・ロス(Tom Ross)
乳母:グラディス・フライオリ(Gwladys Fraioli)
キャピュレット夫人:ステファニー・ロドリグ(Stéphanie Rodrigue)
キャピュレット卿:セバスティエン・エル・シャト(Sébastien El Chato)
モンタギュー夫人:ブリジット・ヴェンディッティ(Brigitte Venditti)
大公:ステファヌ・メトロ(Stéphane Métro)
ロレンス神父:フレデリック・シャルテール(Frédéric Charter)

死(La Mort):オレリー・バドル(Aurélie Badol)

キャピュレット家の人々(Famille Capulet):
カミーユ・ブリュレイ(Camille Brulais)
ジェローム・クシャール(Jérôme Couchart)
アントニー・デプラス(Anthony Despras)
アレクサンドル・ガロパン(Alexandre Galopin)
オレリー・ジボワール(Aurélie Giboire)
ヘディ・ハマンム(Hedi Hammam)
フロリー・ロシニョン(Florie Rossignon)
セバスティエン・スフェジュ(Sébastien Sfedj)
ヴァイア・ヴェネティス(Vaia Venetis)

モンタギュー家の人々(Famille Montaigu):
アンドレア・コンドレリー(Andrea Condorelli)
ジョセフ・ディ・マルコ(Joseph Di Marco)
サビーヌ・ゴトラン(Sabine Gautrain)
ドロテ・ゴックス(Dorotée Goxe)
ステファヌ・ラヴァレー(Stéphane Lavallée)
ンドゥディ・マ=セリュ(Ndedi Ma-Sellu)
マリア・マック・クラーグ(Maria Mc Clurg)
ヨアン・テテ(Yohann Tété)

【セカンド】
ロミオ、ベンヴォーリオ、マーキューシオ、ティボルト:レジス・オリヴィエー(Régis Olivier)
ジュリエット:カンディス・パリーズ(Candice Parise)
キャピュレット夫人、モンタギュー夫人、乳母:マリー・クラウス(Marie Klaus)
大公、キャピュレット卿、神父:クリストフ・ボリー(Christophe Borie)



10/18 13:30 2階7列センター
乳母役の方はセカンドだったと思います
(開演前にわざわざアナウンスはいったので)

フランス招聘版『ロミオ&ジュリエット』 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。