スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

本棚 「偉大なる、しゅららぼん」著:万城目学

 2011-09-16

ナチュラルボーン殿様・淡十郎万歳(笑)
グレート清子はグレートだ(笑)

わかりそうでわからない説明部分に
最初の方はダレちゃいました。
校長が登場してきたあたりから、断然おもしろくなりましたけど。

そして、最後の棗がかっこよすぎ。
ヤツは帰ってきたんですよね!?
スポンサーサイト
タグ : 万城目学

本棚 「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」著:万城目学

 2011-06-21

鹿男がパパに!!
そして、鼻てふてふ(笑)

『ふんけーの友』(←これも気に入った)であるところの
かのこちゃんとすずちゃんの関係がとても素敵。
マドレーヌ夫人と玄三郎の夫婦関係も素敵。
空き地に集う猫たちも素敵。

今までのマキメさんの本ほどにはあり得ない設定ではなくて
ほのぼの心があったかくなる一冊でした。

かのこちゃんが賢くて、いい子で、
鹿男の奥さんがどんな人なのかとっても気になる。
タグ : 万城目学

本棚 「ホルモー六景」著:万城目学

 2011-06-19
万城目 学
角川書店
発売日:2007-11


鴨川ホルモーのスピンオフ的短編集。
これも2回目。
2回目なのにみごとに「もっちゃん」に騙された(笑)

同志社の黄竜も復活したし、東京にもホルモーがあることも明かされたし
ぜひ、続きを書いて欲しいものです。

そして、凡ちゃんと高村くんのファンになりました。
長持の恋は切なかったな~。
そして、旅館がこっそり“狐のは” だったのに笑った。
タグ : 万城目学

本棚 「鴨川ホルモー」著:万城目学

 2011-05-20
万城目 学
産業編集センター
発売日:2006-04


DVDを見た後の、再読。
世界観がわかってるだけあって2回目の方がおもしろかった。
安倍くんが完全に山田孝之として脳内映像化(笑)

しかしまぁ、よくこんな世界思いつくよね。
めちゃくちゃしょーもないことを思いっきりやるのって学生時代の特権。
戻りたくなりました。
タグ : 万城目学

本棚 「ザ・万遊記」著:万城目学

 2011-05-03
万城目 学
集英社
発売日:2010-04-23


エッセイ集。
「ザ・万歩計」の方がおもしろかったな~。
話題が、「湯治とスポーツ観戦」「渡辺篤史」しかなかったからかなぁ。
(他にもあったと思うけど記憶にない・・・。)

ちょっと期待外れ。

でも、『渡辺篤史の建物探訪』久しぶりにみたくなりました。
マキメさんの篤史LOVEぶりは感動の域(笑)
タグ : 万城目学
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。