スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

本棚「SOSの猿」 著:伊坂幸太郎

 2011-06-24
伊坂 幸太郎
中央公論新社
発売日:2009-11-26


「魔王」はさくさく読めたけどこれは駄目でした。
内容的にはこっちの方が面白いと思ったんだけどな。
ぶっちゃけ、おもしろくなかった。
なんでかな??

株取引、エクソシスト、孫悟空
個々のエピソードは面白いんだけど
全体像がもやもやしてて
結局のところ最終的にはすっきりしなくて ←このあたりは「魔王」と一緒

次に伊坂さんの本を手に取ることがあるだろうか・・・。
スポンサーサイト
タグ : 伊坂幸太郎

本棚 「魔王」著:伊坂幸太郎

 2011-05-16
伊坂 幸太郎
講談社
発売日:2005-10-20


伊坂さんの本初めて読みました。
結果、なんか自分には合わないと思った。

どーもすっきり終わらないのが欲求不満で・・・。

結局、安藤の能力って何だったの?
どーして死んじゃったの??
潤也は何するつもりなの???
マスターもなんか能力もってるの????

疑問ばっかりでした。

ただ、今の日本の状況がやたらリアルに描かれてて
読んでて怖くなりました。

一気に読んでしまえたので、合わないけどおもしろい本を書く人だと思います。
なので、他の作品もいくつか読んでみようと思いました。
タグ : 伊坂幸太郎
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。