スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

本棚 「塩の町」著:有川浩

 2011-12-28

ラノベなイラストが邪魔してるな~。
でも、あいかわらずきゅんきゅんして
ときめけたからOK(笑)
あんないい男はいないよね~(;´∀`)
スポンサーサイト
タグ : 有川浩

本棚 「レインツリーの国」著:有川浩

 2011-09-22

有川さんな(笑)にやにやしながら読む恋愛小説でした。
図書館戦争シリーズに出てくる
劇中劇ならぬ本のなかの本。
元になった図書館シリーズも読みたいんだけど
なかなか図書館においてない・・・
予約しよ・・・

伸行がやたら大人でかっこよくって、こんな人なかなかいないぞ~
って思いつつも、彼のキャラにはまってゆく (笑)
結局、オトメな妄想がスキだって事ですね・・・

ひとみはちょっとひねくれてる気もしないでもないけど
自分基準でしか考えられないところとか
人目をすごく気にしてるとことか
すごい共感もできて。

さらっとあっという間に読める軽いテンポの本だけど
聴覚障害者との恋愛を描いてていろいろ考えさせられた本でした。
タグ : 有川浩

本棚 「フリーター家を買う。」著:有川 浩

 2011-08-25

ドラマとだいぶ違うなぁ。
なんか、安易な方向に変えられちゃってたような・・・。

最初ダメダメだった誠治が最後にはすごくいい男に見えてきた。
千葉ちゃんとの展開は
おいおい、いきなりだなぁって思ったけど。

ああいう幸せな職場で働きたい( ´Д`)=3 ハー ←かなり切実・・・。
タグ : 有川浩

本棚「三匹のおっさん」 著:有川浩

 2011-07-22
有川 浩
文藝春秋
発売日:2009-03-13


「植物図鑑」に続いて2冊目の有川作品。
有川さんも図書館で借りるのはタイヘン(笑)

「則夫・エレクトリカルパレ―――――――――ドッ!」
に爆笑。
このあたりから断然おもしろくなってきた。

水戸黄門的定番の勧善懲悪で、なんの迷いもなく楽しく読める。
オッサン3人のキャラも立ってるし
祐希と早苗のカップルもほのぼのかわいいし。
そして、何とも言えない味のカバーの絵も挿絵も好きです。
before afterな三匹のイラストも見比べると楽しい(笑)
タグ : 有川浩

本棚 「植物図鑑」著:有川浩

 2011-05-05
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2009-07-01


初有川。
さっくり1日で読了。


「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」

「咬みません。躾のできたよい子です」


なんか、気に入った♪

途中で、もう!どうしてくれようかっ!!(>_<)
と思うほど主人公の二人がベタベタに甘くなって・・・(笑)
あんなににやけながら読んだ本今までにないぞ(笑)

「引き金二回目」
イツキはさやかの手首を掴んだ。
「もう止まんないぞ」


このあたりで、ニヤニヤがMAX!!
電車の中とかで読んでなくてホントよかったよ(笑)

本棚 「植物図鑑」著:有川浩 の続きを読む

タグ : 有川浩
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。