スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

本棚 「青年のための読書クラブ」著:桜庭一樹

 2011-10-24

名門お嬢様学校の異端者たちの集まりである読書クラブのメンバーが綴る
学園の影の歴史を記した「読書クラブ誌」
という体裁の短編集。

時代に合わせて少女たちが変わっていくようで変わっていなくて
閉ざされた空間、思春期の少女特有の毒とかが
キレイに描かれていて、不思議な雰囲気の本でした。

一人称が「ぼく」だったり
二人称が「君」だったりの
異端者の少女たちの言葉遣いとか・・・

こういう点で、好みが分かれそうだな~とも思いましたけど。
スポンサーサイト
タグ : 桜庭一樹
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。