スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

『今度は愛妻家』 東京遠征日記

 2014-04-19

『今度は愛妻家』
2014年4月4日~20日 東京芸術劇場シアターウエスト

北見さくら:瀬奈じゅん
北見俊介:葛山信吾
文太、大山:村井國夫
誠、サトル:石井一彰/入野自由(Wキャスト)
蘭子、ヒトミ:今村美乃/名塚佳織(Wキャスト)



4/4 19:00 EX列上手 (誠:石井一彰、蘭子:今村美乃)
4/5 17:00 C列下手 (誠:石井一彰、蘭子:名塚佳織)
4/6 13:00 A列センター (誠:入野自由、蘭子:名塚佳織)

初日に行ってきました、池袋。
映画とか小説とかあるのは知ってましたが
一切予備知識いれずに行ったおかげで
リピートした時の感覚がまるで違っておもしろかったです。

で、泣けるってこと以外のネタバレはしてなかったんですけど
それでも、中盤当たりから
あれ?もしかして??
と思いながら観てまして、結果予想通りだったわけなんで
村井パパがパンフのインタビューで言ってたとおり
ある意味“くだらない話”だとは思うんですけど
それなのに泣けて泣けて仕方なかったです。
あんなにぽろぽろ泣いたの久しぶりだったわ・・・
おまけにリピートしたら笑ってたポイントも涙に変わってくるし・・・

という訳で、オペラグラスは後半涙で役に立ちませんでしたので
ついでに書いておきます(爆)

で、ネタバレせずに書くにはこれが精一杯なんで
この先未見の方はご注意下さい!!


注:ネタバレしてます!!













前半のさくらはちょっとビューサンのちひろを彷彿とさせるような天然キャラで
ちょっとした笑いもちりばめられてて楽しく観ていられたんですけど
さくらが実は・・・
ってことが明らかにされたあとのクリスマスの場面では
静かに現れて、壊れちゃった俊介だけをじっと微笑んで見つめていて
そんなさくらが(照明のせいだけでなく)
真っ白で透き通っていてまるで女神様のようで
俊介が「他に人がいたらコイツしゃべらないんだよ・・・」
って言ったときの包み込むみたいな優しさにあふれていた表情はもう最高でした。

と同時に、あの状態の俊介を微笑んで見ていられて
黙ってあれだけの時間舞台に存在していられるあさちゃんってすごいな
と単純に思いもしました。
(ご本人曰く、最初はタイヘンだったそうですけど)
(回数重ねて、ちょっと冷静に見られるようになると
見つめてるさくらがちょっとつらそうなのも感じられるように
お芝居もちゃんとしてるんですよね・・・)

そんなさくらが俊介と二人だけになった瞬間に
ちょっとだけしょうがないな~みたいなカンジで
こっち側に帰ってくるんですけど
そのあとの二人のやりとりがお互いへの優しさとか思いやりとか愛情とか
いろんなモノにあふれていて
俊介はダメ男だったけど良い夫婦だったんだな~ってしみじみ思えて
そんなやりとりの中で俊介が自然にさくらさんのことを受け入れられたのが
悲しいはずなのにあったかくて不思議な感覚でした。

というわけで、主に俊介に泣かされてたわけなんですけど
これがリピートしたら文ちゃんにもやたら泣かされてですね
文ちゃんとさくら&俊介の関係はバラされるまでまったくわかんなかったんですけど
わかってみたらこれまた納得な行動の数々で
さくらのことといい、みごとな伏線だなと感心しました。

俊介やってる葛山さんは
単純に一日二回これやるのはタイヘンだろうな~っていうのがまず一言。
で、俊介のダメ男な部分とだんだんと壊れていく様子を見てる側には分からないように
でも、あとから思い返したら納得できるように作らなきゃいけなくて
それもまたすごいな~と思いました。
あさちゃんとの息のあったやりとりは見てて気持ちよかったです。

村井パパのおカマちゃん役は思いの外自然で
なのに低音ヴォイスがステキでした。
強烈なお衣装もなんか似合ってたし(笑)
あと、恋チュンはフルコーラス歌って踊ってくれてもOKっす(爆)
(こっちが笑い死にしそうですけど)
弁護士・大山とオカマの文ちゃんとのギャップもスバラシかったです。

今村さんと名塚さんはそれぞれにカンジ悪いキャラの蘭子を
かわいらしく演じていたし
(今村さんの蘭子の方が天然で、名塚さんの蘭子は計算してやってそう)
お色気キャラのヒトミのはじけっぷりもスバラシかったです。
名塚さんのメガネっ子具合やばかったです・・・
単に名塚さんの方がオイラの好みってだけだが(爆)

カズくんと入野くんの誠も優しさ、不器用さの方向性がちがってて
うまく説明できないけどそれぞれだな~と思いました。
カズくんの誠は優しすぎて、入野くんの誠は不器用で上手く自分を出せなくて
うまくいかないのかな~という気がしました。
このお二人のサブキャラサトルくんは
なんつーか、キモカワって言葉がぴったりでなんかお気に入りです(笑)


というわけで、ビューサンに続いて今回のストプレも最高によかったです。
あと一回、兵庫でみるのですが
ちょっと会場が広くなるのでその点だけが心配ですが
楽しんでこようと思いま~す♪



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibiudon.blog101.fc2.com/tb.php/344-006d1c12
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。